こんにちは。ヘアエピテーゼ協会です。


先日、乳がん治療と乳房再建に関する情報サイト、
「乳がん治療と乳房再建の情報ファイル」さんから取材を受けました。

とってもよくまとめてくださったので紹介します⇩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


抗がん剤の副作用の中で、患者さんにとって一番大きな問題である「脱毛」。

「周りの人から『変わったね』と思われたくない」という患者さんの声に答えて生まれたのが、NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会の医療用ウィッグ「ヘアエピテーゼ」を使った「再現美容」です。

これまでのヘアスタイルを再現する「再現美容」について、NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会で広報を務める、河野こずえさんに詳しくうかがいました。


分け目や毛の流れも自由に再現できるウィッグ

「みなさん、美容院に行くときは、もっとキレイになりたいと思って行きますよね。でも再現美容では『もとの自分に戻してあげる』のが、第一の目的なんです」と話してくれたのはNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会の広報、河野こずえさん。

「再現美容」とは、その名前の通り、脱毛前のご自身のヘアスタイルを、医療用ウィッグ「ヘアエピテーゼ」を使って再現するものです。

通常のウィッグは、すでにヘアスタイルが決まっていますので、カットして長さを微調整することは可能ですが、分け目や毛の流れの向きを変えることはできません。一方、ヘアエピテーゼは、熟練した職人が2ヶ月間かけて、1本ずつ手作業で植えて制作しているウィッグです。

頭頂部には素肌に近いシルクスキンを使用するため、分け目も自由に再現でき、まるで自分の髪のように、自然に様々なヘアスタイルを作ることができるそうです。

またヘアエピテーゼは、髪と同じ成分のタンパク質を配合したポリエステルの人工毛を人毛にミックスして作られていますが、表面に細かな凹凸をつけてあるため、ウィッグとは思えないようなマットで太陽光の下でも自然な質感を表現することが可能だといいます。

1_2016082508223552c.jpg
カット前のヘアエピテーゼ(ロングヘア用)


さらにNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会では、ヘアエピテーゼを使って、脱毛前のスタイル、もしくはご希望のスタイルを作り上げる再現美容師の認定制度を運営しており、その1つが「かつらの学校」です。

美容師資格を持つ人に向けたもので、ウィッグのカットの仕方などの技術面に加え、抗がん剤治療を受けた人の脱毛の実態や、精神面なども含めた12時間のカリキュラムです。「かつらの学校」を修了してから、1年間は準再現美容師として経験を積んだ後、再現美容師の認定資格を得ることができます。

2_201608250822369f1.jpg

再現美容師がヘアエピテーゼをカット・スタイリング。
約2時間でスタイルが完成します(スタイルによって所要時間は異なります)


「美容院でカットできるウィッグ」が開発の原点


再現美容が誕生したのは、広報の河野こずえさんご自身が2003年、乳がんになり、抗がん剤治療によって脱毛をしたのがきっかけでした。

「当時は良いウィッグが見つからなくて、外に出るのが嫌になってしまい、引きこもっていました。そんな時、『美容院でカットできるウィッグはないだろうか』と思いついたんです。以前、私も夫(NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会・河野愛一郎会長)も出版社でファッションや美容の仕事をしていたものですから、美容業界や繊維メーカーとのつながりを活かしてヘアエピテーゼと再現美容の開発・活動を始めました」(広報・河野こずえさん)

現在、認定再現美容師がいるサロンは全国にあり、制作後もサイズ調整やスタイル調整、スタイルチェンジやメンテナンスなど1年間無料でサポートしてくれます。料金はウィッグ制作代(1年間のサポート付き)と治療前後の自髪カット各1回を含めて、12万円(税別)です。


3_201608250822383db.jpg
(1)自髪
4_20160825082239525.jpg
(2)ヘアエピテーゼ

また180度まで耐熱の形状安定素材なので自分でヘアアイロンを使ってアレンジをしたり、髪を結ったりすることもできます。

「お客様の中には、担当医の先生や看護師さんから『あれ、まだ抜けてないの?』と言われる方も多いようです。乳がんの治療には様々な悩みがつきものですが、その1つを解決し、自分らしさと元の生活を取り戻してもらえたらうれしいです。お試しは歓迎ですのすので、ぜひお近くの認定サロンを訪ねていただければと思います」
(広報・河野こずえさん)



乳がん治療と乳房再建の情報ファイル


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こんにちは。ヘアエピテーゼ協会です。

少し前のことになりますが、
福岡店の杉本さんが「自分自身を守る為の行動力」
というテーマでブログを書いていました。

治療に不安を感じる患者さんへのアドバイスです。

福岡店のブログです⇩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、近いうちに抗がん剤治療が始まる患者さんがエピテーゼの見学に来られました。

自身のがん細胞の顔つきが分かり、ネットで調べてみると、抗がん剤があまり効かない細胞との事、ホルモン療法に適している。
しかし、リンパ節に少し転移している様子。

先生は、先に抗がん剤治療後で手術を考えられていて進められていましたが、どうも納得がいかずにいて、午後から直接先生と話し合いに行ってくると仰っていました。

結果、先に手術して余呉で抗がん剤治療という事になったと聞きました。

半年間効果があるのか?と思われる抗がん剤投与している間に悪化したら怖いと悩まれていました。

ほんとにこれでいいのか?

この方がいいんじゃないのか?


自身の大切な身体を守る為にとる行動力は私は必要だと思いました。

納得いくまで、主治医に問いかけて考えて最良の選択を決断すれば後悔ないでしょう。

問いかける勇気

決して先生に対して失礼な事ではないと思います。
そのキャッチボールこそ、ひととして大切な信頼関係が深まるはずです🍀😃🍀

私も関西にいた頃お世話になった主治医と何度も何度も話し合いました。
離れた今でも大好きでよく思い出します


福岡店のブログ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

身近な問題です。

がん体験者の多くが、おなじような不安を抱えています。

私の家族も同様でしたし、
また杉本さん以外にもおなじ仲間が同様の体験をしています。

私たちは医療従事者ではありませんから
治療に対するアドバイスはできません。

ただ、杉本さん同様おなじ仲間として、
何度も何度も話し合うことが大切だ、と感じています。

それは治療のことでけではなく
治療生活すべてにおいて「対話」の大切さが必要だと思います。

まずは問いかけることの勇気
話すことの勇気を持ってくださいね。


「ひとりじゃないよ」
それが私たちの合言葉です。








にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
先日は山梨県にお住いの方から

「治療に伴う費用負担が大きくて、補助金が出るのならぜひ活用したいのですが・・・」
と、補助金について問い合わせがありました。

ちなみに現在補助金の申請を受け付けている市町村は、28市町村と鳥取県1県のみ
詳しい状況はNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会ホームページ
「医療用ウィッグの購入補助」に記載しています。

市町村によって補助(助成金・補助金)の額も1〜3万円とまちまちですが、
県内の市町村1つでも補助が通れば、山形のように県全域に広がり、
鳥取のように県をも動かす力になりはじめています。

すでに協会では静岡(静岡市)、福岡(福岡市)、東京(立川市)、千葉(市川市)、埼玉(さいたま市)などが積極的に動いています。

山梨でもこれから動いていきますので、ぜひ応援してくださいね、とお伝えしました。

医療用ウィッグの購入費用の補助を広げるには、みなさんの力が必要です。
とくにこれからはネットの活動が大きな力になります。
みなさんのブログやSNSで私たち(NPO法人 日本ヘアエピテーゼ協会)の活動を支援する声が送ってください。
取り上げていただいた声を、こちらからも全国の市町村に向けて発信していきます。

地域のメンバーが動きます。
この流れを加速しムーブメントにしていきましょう。

よろしくお願いいたします。

1_20160810064125d84.jpg






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





最近、再現美容についての取材が多く、
先日はがん専門サイトのライターさんから、
今日も大手通信社の方から、かつらや補正具の助成についての問い合わせがありました。

どなたに聞いたのか国や県、市町村に働きかけて
患者の負担軽減を訴えムーブメントにしている団体という位置付けができているようで、
嬉しいやらもっとがんばって動かなければと
そんな想いを強くしています。


私たちがお作りする医療用ウィッグも
基本はいっしょです。
患者さんの負担を軽くしたい
心に空いた隙間を埋めていきたい
そんな想いで作らせていただいています。

長崎店の福本さん(以前紹介しました)は、
まさに「心でつくる再現美容師」。

先日のブログでも素晴らしい仕事をしています。

以下は長崎店auraのブログです⇩


image-15-767x1024.jpg

こんにちは、暑い日が続いていますね。
今日お会いしたN様は入院中の身体でありながら外出許可を頂いて妹さんに付き添われご来店いただきました。

来週には脱毛がはじまるそうで、いろんなウィッグの専門店などを沢山回られたそうです。
だからこそ、ヘアエピテーゼのウィッグを見た瞬間から
「本当に自然なんですね!」
と驚かれていました。
「今まで見てきた中で1番イイです!」と言っていただきカウンセリングをさせていただきました。

まだお若くお子様が4才、1才の子がいらっしゃるそうです。
妹さんは私と同じお年でお姉さんの良き理解者でもあるようでした。
妹さんのアドバイスもあり長い目でみて最初は長めのボブスタイルに♪♪

制作しながら家族の話しや病気の話し、私の生い立ちの話しもさせて頂きました。

お互い子をもつ母であり…病気を経験してきた私には痛いほどにお気持ちが伝わってくるようでした。
子供にとって必要な存在の母である自分が病気になってしまう…
それは沢山の不安と子供のために頑張らなきゃ!と言う思い…
計り知れない辛さを味わっていらっしゃると思います。

手は抗がん剤の副作用で黒く変色し爪も痛々しい程でしたが、
子供の為に家族の為にと、とても前向きに治療にも取り組まれているようでした。

そしてウィッグも仕上げ入ったころ
お二人から「福本さんのウィッグには気持ちが込められているのがわかります。
気持ちがわかってくれる人に作ってもらうとこんなにも違うんですね。」と…
とても有難いお言葉をかけていただき正直、泣いてしまいそうでした。
有難うございます‼︎

毎回つくる時は必ずかぶられる方のことを思いながら制作させていただいています。
伝わる、伝わらないかはわかりませんが思う心に意味があると思っています。

とても喜んでいただき本当に良かったです。

帰ってからこんなメッセージをいただきました。
「これからの治療や脱毛など不安はありますが、福本さんからすてきなウィッグを作って下さったおかげで頑張れそうです!
福本さんとの出会いに感謝しています」

こんなに思っていただけて本当に嬉しいかぎりでした。
ありがとうございます。これから1年はしっかり髪に関してはサポートさせていただきたいと思います!!

次にお会いするのは脱毛後のサイズ調整です。

image-16.jpg
3_20160801193406b09.jpg




辛い思いをしてきたからわかる患者さんの気持ち、心、
それを少しでも楽にしてあげたい
しあわせになってもらいたい

この気持ちを大切にしていきたい。
再現美容師の基本はここにあると改めて感じています。







にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






九州ブロックの杉本さん(福岡店)が、先日あけぼの福岡九州大会に展示参加しました。

患者会や学会などのイベントには必ず多くのウィッグメーカーが出店し
毎回おしゃれに飾ったウィッグが所狭しと並びます。

ショートスタイルからロングスタイル
ストレートからウエーブと様々。
価格帯も手頃なものから
少々お高いものまで取り揃え
ここぞとばかりにアピールします。

ところが杉本さんのブース
驚くほどシンプルです。
ノンカットの医療用ウィッグ(ヘアエピテーゼ)を1台テーブルに置き
あとはパンフレットだけ。
飾ることも、スタイルを見せることも一切しません。

理由は「再現美容」だから。


杉本さんはブログのなかで次のように語っています⇩



先日の祝日に、あけぼの福岡九州大会に参加させてもらいました🍀

九州地区の乳腺外科の先生達が数名来られ、新しい情報や会場に来られている乳がん経験者さんが先生方に、質問される場面もありました。

毎年、開催されていたのですが、ようやく参加できました。

ウィッグの展示もさせて頂きました。

他社メーカーさんからも、「 とても自然な髪の毛の質ですね😃」とお褒めの言葉を頂戴しました。

パッと見た時には、既にヘァスタイルが作られている方が見栄えはいいのですが、何故最初からスタイルとして切られていないのか?
その大切な元の姿を再現させるという事を、伝える場を頂け感謝しています。

そして、同じように乳がんを経験された多くの方々が、元気な姿で会場に足を運び笑顔を拝見できたこと、嬉しい気持ちになり目頭が熱くなりました。

ありがとうございました。

福岡店hair care Lienブログ


663815ee2971786214f82676ebc05c9f.jpg
0cc01de07737d616c58bdfc17da7f3c6.jpg
d00276650adadbd760cff8b7bce45e38.jpg


患者さんは自分の髪型をベストなもの、自分らしいものと考えています。

治療によって自分らしさを失うつらさは
経験した者なら誰でもわかります。

杉本さんは経験者の一人です。

だからこそ「その人らしさ」、元の髪型の再現にこだわりと誇りを持っています。

飾る必要のないもの

体験した者だけがわかる価値観

彼女のブースには自分を取り戻したい女性たちが集まっていたそうです。






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村